2016 World Day Message by Asaya Fujita

2016 World Day Message by Asaya Fujita

DSC_3208

“Theatre is wonderful because there is no right answer”

In Japan (or not only in Japan), children are placed in a very competitive society. Even though there are very few human abilities that can be evaluated by scores, most people misunderstand that scores are the only standard by which to evaluate a person; therefore, there are a number of children dropping out even when they have wonderful abilities.

In theatre, there is no right answer. In theatre, it is good if each one displays in a lively way what he or she is capable of. A person can find a character within him/herself and through the work of finding him/herself in a character, he or she can sympathize with others. Naturally such an experience is varied person by person. Ten people have ten different expressions and it is impossible to evaluate any of them with scores. So there is no score in theatre. No-one will go into ecstasies or get depressed. This is why theatre brings a person up in the best possible way.

I hope children come into contact with theatre to experience this wonderful moment – where they can find similarities to themselves in characters in a play, think ‘what if’ he or she were a character, and be thrilled. And when they have finished watching a play, a sense of sympathy has grown in each one of them.

To parents: please take your children to theatre, the only place where they grow in a lively way, even in this very competitive society, today.

To teachers: Please protect a school theatre program that Japan can be proud of in the world, and try to stop the reduction of its numbers.

And to you, children: please enjoy theatre, asking your parents to take you to theatre if you have a chance.

Today is the day that theatres for children in the world share this same idea. And the today starts from here in Japan. Let us be at the forefront of leading this idea through the rest of the world.

March 20th, 2016

Asaya Fujita
President of ASSITEJ Japan Centre
Vice President of ASSITEJ International

 

2016国際児童青少年舞台芸術デー メッセージ ふじたあさや

2016国際児童青少年舞台芸術デー メッセージ ふじたあさや

DSC_3208

日本センター会長で世界理事副会長のふじたあさやによるメッセージです。

—————————————————————–

「正解なんてないのが演劇の素晴らしさ」

日本では(日本ばかりではないはずですが)、子どもは激しい競争社会に置かれています。人間の持っている力のうち、点数で評価できるものなど、ほんのわずかでしかないのに、あたかも点数だけがその人を評価する唯一の基準ででもあるかのような思い違いを、ほとんどの人がしていて、そのために素晴らしい能力を持ちながら落ちこぼれていく子どもが、沢山生まれています。

演劇には正解はありません。一人一人が自分の持てる力を生き生きと発揮できればそれでいいのです。自分の中に役を見つけ、役の中に自分を見つける作業を通じて、他人の身になれるようになります。当然その体験は一人ひとり違います。10人いれば10通りの表現があるのです。それは点数のつけようのないものです。ですから演劇に点数はありません。点数で有頂天になったり、落ち込んだりすることもありません。だから演劇は人を育てます。

その素晴らしい演劇を、子どもたちに是非とも体験してもらいたい、そのために演劇に触れあってもらいたいと思います。彼らは演劇を見て、登場人物を自分と同じだと思ったり、自分だったらどうするだろうと考えたり、ハラハラドキドキするのです。観終わった時、子どもの中には、他人の身になれる自分が育っています。

お父さんお母さんに――激しい競争社会の中で、そこだけは、子どもが伸び伸びと育つ場所=劇場に、今日からあなたのお子さんを連れて行きましょう。

学校の先生方に――日本が世界に誇る学校における演劇教室が、減りつつあるという現状に、何とか歯止めをかけて、学校の中の劇場を守ってください。

そして君たち子どもたち、チャンスがあったらお父さんお母さんにねだって、演劇に親しんでください。

今日は世界中の子どものための劇場が、同じことを考える日です。今日は日本から始まります。世界に先駆けてこのことをしっかりと考えることにしましょう。

2016年3月20日

アシテジ日本センター会長
ふじたあさや

2016国際児童青少年舞台芸術デー メッセージ#2 ジェニー・シーリー 

2016国際児童青少年舞台芸術デー メッセージ#2 ジェニー・シーリー 

12472532_1328636010495221_7064141252213068580_n

イギリスでインクルーシブ演劇を実践するグリー・シアター・カンパニー芸術監督で、2012年ロンドンパラリンピックを共同演出した、ジェニー・シーリーさんからのメッセージです。

—————————————————————————–

私は演劇そして芸術のない世界を想像することはできません。耳の聞こえない少女だった私にとってバレエ教室は安全な場所でした。そこは視覚的にわかる世界であり、見ることで参加出来る世界であり、話し手の唇の動きを読まなくて良いということ、それは私にとって解放を意味しました。私はバレエレッスンに夢中になり、物語を紡ぐこと、演じることを心より楽しみました。物語を伝えるという最初の経験をバレエによって行って以来、私は年を重ねるごとに演劇、特に青少年演劇に傾倒していくようになりました。青少年演劇は、俳優にとっては最高のトレーニングの場であり、また児童・青少年と創造空間を分かち合い、彼らの人生の物語に耳を傾け、彼らから聞こえてくる人生の経験、試練、困難が作品になって共有されるという機会が与えられる場であります。

この原稿を書いている今、私は18年前に劇団インタープレイでジョン・パーマーと共同演出をした、マイク・ケニーの作品、ステッピング・ストーンズを演出しております。この作品は、深刻かつ様々な障がいを持った青少年、聾啞や視覚障害を持った青少年、障がいを持たない青少年のために上演されたものでした。(現在、グリーでは20−22歳の聴覚障害などを持った障がい者による新しいキャストで作品を作っています。)手話、音声ガイド、音響などの環境づくりに重点を置いての作品創造の喜びは、全ての若者に演劇を見る平等の機会が与えられるという信念によるものです。

児童青少年のための、児童青少年とともに行う、もしくは児童青少年による創造活動の重要性がきちんと理解されていない、また経済的援助も不十分な現状に対し、私の苛立ちは日々増すばかりです。多くの国に於いて、多くの障がい児の教育が軽視されているのを目にするたび、私は心を痛めますが、一方で、世界中に足を運び、情熱を持って児童青少年・障がい児のための創造活動や教育を実践する人々と出会うたびに、演劇のない世界はありえない、そして演劇は人生の教育であることを確信するのです。

国連が障がい者の権利のための大会を実施してから10年目に当たる2016年、演劇を必要とする人々のために、演劇を実践する全ての人々が、人生にとってかけがいのない演劇を作り、創り、かつ分かち合える社会共同体を持ち、この地球上で手を繋ぎ、情熱を注ぎ、ともに活動していく絶好の好機なのではないでしょうか。

 

2016 World Day Message from Jenny Sealey

Artistic Director, Graeae Theatre Company, Co-director of the 2012 London Paralympics.

I simply cannot imagine a world without theatre or the arts. As a young Deaf girl, ballet classes became a safe place to be me. It was a visual world and one where I participated through watching and the relief of not having to lip read was liberating. I would get lost in the exercises and so loved the creating of ballet stories and performing. Ballet was my first experience of storytelling and as I got older I got involved in theatre and most importantly Young People’s Theatre. What an extraordinary training ground for any actor and what an opportunity to share creative space with children and young people listening to the stories of their lives and making them into plays to give their experiences, trials and tribulations of life a platform to be heard.

At the time of writing I am directing Stepping Stones by Mike Kenny which I co-directed with Jon Palmer for Interplay 18 years ago. The production was ( as is the new one with Graeae’s new Ensemble cast of all Deaf and disabled performers, aged between 20-22 year old) for young people with profound and multiple disabilities, for young Deaf and blind, disabled and non- disabled people. The joy of working thinking about creative access with sign language, audio description, sound and atmosphere is cemented in the belief that ALL young people should have full and equal access to theatre.

I get increasingly frustrated that the importance of creating work for and with and by young people is still not fully recognised and funded. It breaks my heart knowing that many disabled children are not deemed worthy of an education in many many countries, BUT my travels around the world are a reminder that the passion of those of you who drive this work means that we will not have a world without theatre and that theatre is an education to a life.

As 2016 marks the 10th year since the Convention on the Rights of Disabled People was adopted at the United Nations, it is a great opportunity to hold hands across the globe to continually fuel that passion and to work as a community to ensure we are able to make, create and share theatre that matters, by and for those who matter.

 

2016国際児童青少年舞台芸術デー イヴェット・ハーディー世界理事会長メッセージ 

2016国際児童青少年舞台芸術デー イヴェット・ハーディー世界理事会長メッセージ 

12805902_1328637873828368_4072078652104402743_n

今年もやってきました。3月20日、国際児童青少年舞台芸術デー。

まずは世界理事会長のイヴェットのメッセージです。

(English text follows after Japanese)

——————————————————————————————–

「#子どもを劇場に連れて行こう」キャンペーンを始めて5年が経った今、世界中で3月20日に国際児童青少年舞台芸術デーを祝う催しが行われています。このキャンペーンはアシテジ会員の活動を支援するものであり、またなぜ児童青少年にとって演劇が必要なのかを提起するメッセージ、スピーチ、著述を働きかけるものとなりました。

その働きかけから見えてくるもの、それは:文化市民としての子どもの人権、多様な知性を育むための総体的な教育としての演劇、子どもの持つ好奇心・想像力・喜びの心を育むことの重要性、時に混乱し絶望的な世界で子どもが希望を持つ必要性、美的感覚や芸術的言語の多様性を受け止める感受性、共同体・つながり・共感の必要性、演劇の今日性と我々が実体験する世界と向き合い、その世界に対し疑問を投げかけることのできる演劇の可能性、そして多様な見解を受け入れる能力などです。

その一方で、ここに記載されたこと以外に、なぜ芸術家は児童青少年という観客のために作品を作るのかという、根本的な理由が他にあるのではないだろうかと私は思うのです。

その理由とは、きっともっと個人的なことに起因するのではないでしょうか。私たちが児童青少年のための作品を作るのは、私たちの中にある子どもの部分を育み、癒し、そして強くさせることができるからだと思うのです。

南アフリカの非白人居住地域の青少年グループが幼児のための演劇作品を作り始めた際、彼らは自分たちの中にある無邪気さ、未熟さ、脆さ、潜在的にある他者との一体感を育み、再発見し、場合によっては生まれて初めて発見することが作品づくりには求められるのだということを学びました。その結果、彼ら若いアーティスト自身にとって作品作りは重要な癒しのプロセスとなり、この分野で活動を続けていくことの大きなきっかけとなりました。

この極めて個人的な理由があるからこそ、他者に影響を与えうるのではないでしょうか。他者との一体感を自分自身が大切にすることで、我々は観客とさらに一体感のある関係性を築けることができるのです。また、親に、子どもに、家族に、教師に、介護者に、そしてその責任者に、私たちの中にある最も幼い視線を通して世界を見る機会を与えることができるのです。

劇場から去る時に私は親がよくこんなことを言っているのを耳にします、「うちの子があんなに長い間じっと座っていられるなんて信じられないわ」「うちの子があんなにユーモアを理解できるだなんて」など。・・・これら子どもの本来の姿を知ったその時こそ、演劇人は、根本的に重要な他者との関わりに於いてさらなる一体感に貢献できるのではないでしょうか。

おそらく児童青少年演劇が芸術家である、観客である、親である、教師であるもしくは子どもである我々に提供することのできる最大のギフトは、破壊の中にさえ一体感を見出し、そして本来我々は何者であるかということを再発見することなのではないでしょうか。

 

It is five years since we started the #Takeachildtothetheatretoday campaign, which is celebrated in many places around the globe on and around the World Day of Theatre for Children and Young People, 20th March. This campaign has offered ASSITEJ members a strong space for advocacy, and with the campaign has come many compelling reasons, contained in messages, speeches and articles, arguing for why children and young people should be exposed to theatre.

These reasons include: the rights of children as cultural citizens; the fact that theatre educates holistically though fostering multiple intelligences; the importance of cultivating curiosity, imagination and joy in children; the need for children to have hope in an often confusing and desperate world; the importance of aesthetic awareness and a capacity to embrace the diverse languages of the arts; the need for community, connection and empathy; the present-now-ness of theatre and its capacity to allow us to confront and question the world as we experience it; the urgency of embracing a diversity of views…

But I wonder if there isn’t another, more fundamental, reason why artists make work for young audiences, that goes beyond these stated intentions.

This reason may be far more deeply personal. In making work for children and young people, we are able to nurture, to heal and to strengthen the inner child in ourselves.

When a group of South African township-based youth started to work on a play for very young children, they discovered that making the work required that they nurture, rediscover, or in some cases, discover for the very first time…the innocence, the tenderness, the vulnerability, and potential wholeness within themselves. This began a profound healing process for these young artists which deeply affected them and which has motivated them to continue exploring in the field.

From this deep personal need, we then in turn are able to influence others. By nurturing ourselves into greater wholeness, we are able to enter into a more whole relationship with our audience. We are also able to offer parents and children, families, teachers, care-givers and their charges, opportunities to see the world through the eyes of the youngest amongst us.

So often I have heard some variation as I leave the theatre of a parent saying, “I couldn’t believe that my child could sit still for so long”, or “that my child found so much humour in that play”… in these moments of discovering who that child really is, theatre artists may in turn be contributing to greater wholeness in these fundamentally important relationships.

Perhaps the greatest gift that theatre for children and young people can give us – whether we are an artist, audience member, parent, teacher or child – is the gift of finding wholeness in brokenness, and rediscovering who we were always meant to be.

ネクスト・ジェネレーション in Asia 開催決定 Next Generation Programme in Asia is happening!

ネクスト・ジェネレーション in Asia 開催決定 Next Generation Programme in Asia is happening!

NG 2012 Report

(English text follows after Japanese)

ネクストジェネレーション・イン・アジア
児童青少年演劇次世代計画プログラム

国際共同創造活動ならびに芸術交流に関心のある、児童青少年演劇の未来を担うアジアの演劇人を募り、東京にて5日間のワークショップを通して作品づくりを行ないます。

ネクストジェネレーションとは?

アシテジ国際児童青少年舞台芸術協会が、若いアーティストにもその活動を知ってもらおうと、2008年にオーストラリア・アデレードで始まった国際共同創造/芸術交流プログラム。2012年からは毎年行なわれるアシテジ芸術集会や国際フェスティバルにて約30名の参加者を世界中から募り(2012年・沖縄、2013年・リンツ, 2014年・デリー、ワルシャワ、2015年・ベルリン)、約1週間の期間、各自の文化的背景と共に児童青少年演劇に於ける関心、経験、創造過程を分かち合い、作品発表やマニフェストを掲げることで最終報告を行い、児童青少年演劇のための国際的ネットワークの構築を目指す。それにより、各国の児童青少年演劇の質の向上、並びに国際共同創造活動の発展を促すことを目標としている。

募集対象:

どのような形であれ、児童青少年のための舞台芸術を実践する、英語でコミュニケーションが可能な40歳以下の方。

具体的には:国際共同創造に関心のある、演出家、俳優、劇作家、教師、音楽家、ダンサー、もしくは他分野の舞台芸術家。

募集方法:Eメールにて以下内容を英語にてお送りください。

—履歴書(名前、住所、性別、Eメールアドレス、活動履歴、写真を含む)

—自己紹介ならびに今回の応募動機を書いた文書(A4版1枚)

Eメール: nextgeneration@assitej-japan.jp

締切:2015年7月31日(金)

募集人員:上記対象国から20名 日本から10名

使用言語:英語

場所:オリンピックセンター/東京演劇アンサンブル

日程:2015年11月30日(月)〜12月4日(金)

The Next Generation Programme in Asia

Tokyo, Japan 2015

We are looking for young emerging theatre practitioners in Asia who’d like to collaborate and make artistic exchanges internationally in order to create a theatre work for children and young audiences in 5 days in Tokyo, Japan.

What is the Next Generation Programme?

It is a programme created in 2008 in order to ease the access of young artists to ASSITEJ, International Association of Theatre for Children and Young Audiences. Since then up-and-coming artists from all over the world have been gathering at the annual meeting of the international association. The programme offers them a platform in which to exchange their experiences in the context of their own cultural background. Using this as a starting point the participants can then develop new ideas and visions for theatre for young audiences and their own work. Such encounters often result in international friendships and artistic cooperation. A network of people working in theatre has thus arisen from former and present participants of the programme, that actively influences the work of ASSITEJ and theatre for young audiences all over the world.

Who can apply?

Those who practice performing arts for children young audiences in any way in Asia under age 40 and who must be able to communicate in English: this includes the following roles: director, actor, playwright, teacher, musician, dancer, and performing artists of any genre who are willing to perform.

Is there any financial support?

JIENKYO (Japan Union of Theatrical Companies for Children and Young People) and ASSITEJ Japan will provide you accommodations, 3 meals a day, and local transportations between the airport and the venue. You need to be able to cover your airfares.

Which countries or territories are eligible?

Afghanistan, Australia, Bahrain, Bangladesh, Bhutan, Brunei, Burma, Cambodia, China, Fiji, Hong Kong, India, Indonesia, Iran, Iraq, Israel, Japan, Jordan, Kazakhstan, North Korea, South Korea, Kuwait, Kyrgyzstan, Laos, Lebanon, Malaysia, Maldives, Mongolia, Nepal, New Zealand, Oman Pakistan, Papua New Guinea, Philippines, Qatar, Samoa, Saudi Arabia, Singapore, Solomon Islands, Sri Lanka, Syria, Taiwan, Tajikistan, Thailand, Timor-Leste, Tonga, Turkmenistan, United Arab Emirates, Uzbekistan, Vanuatu, Vietnam, Yemen

How to apply:

Please send followings via e-mail:

-Your short CV including your name, address, gender, e-mail address, activities, and headshot.

-A short letter to introduce yourself and to state your motivation for this programme (One sheet of A4)

Email address: nextgeneration@assitej-japan.jp

Deadline: July 31st, Friday, 2015

Number of participants: 20 from countries listed above / 10 from Japan

Language used at the programme: English

Place: Tokyo Olympic Center and Tokyo Engeki Ensemble

Dates: November 30th, Mon – December 4th , Friday, 2015

リニューアルしました。New Website has launched!

リニューアルしました。New Website has launched!

アシテジ日本センターのホームページをリニューアルしました。
海外のアシテジ最新情報や国内での活動状況など、随時更新してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

We have launched a new website of ASSITEJ Japan Center. We will keep updating the latest information of ASSITEJ International and domestic activities!

Welcome to our new website!