日本センターの歩み
History of Japan Centre

1965年 世界アシテジ発足

1978年 第6回世界大会(マドリード)に日本より初参加

1979年 アシテジ日本センター設立(36番目の加盟国となる)

1984年 第8回世界大会(モスクワ)で理事国に選出

1985年 「第1回全日本子どものための舞台芸術大祭典」国際シンポジウム開催(佐渡)

1988年 「第1回アジア児童青少年演劇会議」開催(小豆島)

1989年 「アジア児童青少年演劇国際シンポジウム」開催(東京・甲府)

1991年 「日本海周辺諸国児童青少年演劇会議」開催(佐渡)

1999年 「国際児童青少年演劇アジア大会」開催(沖縄・東京)

2001年 「世界児童青少年演劇会議」開催(東京)

2002年 アジア初のアシテジ世界大会(ソウル)に日本より466名参加

2003年 「アジア児童青少年演劇祭東京」開催

2005年 第15回世界大会(モントリオール)で小林由利子世界理事選出

2010年 「アジア児童青少年演劇国際会議(第1回アジア会議)」開催(大阪)

2011年 「東アジア児童青少年舞台芸術フェスティバルin東京」開催

2012年 「沖縄・2012第1回アシテジミーティング」開催

2017年 第19回世界大会(ケープタウン)で日本が次回開催国に決定

大谷賢治郎世界理事選出

2018年 「TYAアジア児童青少年舞台芸術フェスティバル」開催(東京)

2019年 「TYAインクルーシブ・アーツ・フェスティバル」開催(東京)

2020年 「第20回アシテジ世界大会」開催(東京)

「国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバル」開催(全国展開)