アシテジとは
What is ASSITEJ?

アシテジ〈国際児童青少年舞台芸術協会〉とは

 

assitej_logo

アシテジ〈ASSITEJ〉というこの組織の名称は、

フランス語による

「国際児童青少年舞台芸術協会」の略です。

Association Internationale du Theatre pour I’Enfance et la Jeunesse
International Association Theatre for Children and Young People
※英語表記

http://www.assitej-international.org/language/en/

 

 

 

 

 

この組織は1965年7月にパリで始まりました。この時の設立総会に参加したのは12ヶ国。参集した人々は児童青少年演劇の芸術水準の向上のために、個人・専門劇団・演劇団体を世界的に結集する必要を感じていました。それによって世界中で児童青少年の豊かな成長に寄与する事が出来ると信じていたからです。

さっそく翌年(1966年)、チェコスロバキアのプラハで第1回世界大会が開かれました。参加は14ヶ国。日本からは故・落合聰三郎氏がオブザーバーとして参加しています。
その後もこの組織は発展を続けていきました。第4回まで2年毎に世界大会が開かれました。その後は規模が大きくなって来たため、第5回世界大会からは3年毎の開催となりました。(世界大会のページ参照。)
現在まで世界大会は開催が続き、加盟国は増え続けています。(現在80ヶ国。)
私たち「アシテジ日本センター」は1979年5月に設立され、36番目の加盟国となりました。
2002年の第14回世界大会は、アジアではじめて韓国のソウル市で開かれました。この大会はアシテジ史上類を見ない大規模な大会となり、多くの観客を集め、成功裏に終了しました。
この時、アシテジ日本センターは協賛の意味を込めて広く関係者に呼びかけ、その結果会員を中心に約500人が日本の各地からソウル大会に参加しました。
現在もアシテジ及びアシテジ日本センターは、演劇によって児童青少年の豊かな成長に寄与する事を目的に活動を続けています。

〈目的〉

児童青少年演劇の芸術水準の向上のために、個人・専門劇団・演劇団体を結集することにより、児童青少年の豊かな成長を目指す。

〈活動〉

・芸術による児童青少年の啓蒙
・アイディア及び文化的伝統の世界的な交流
・児童青少年演劇の専門演劇人の国際的協力

〈目標〉

・平和・平等・寛容・教育の促進
・児童青少年演劇分野の専門的発達の促進
・子どもたちは将来の社会を発展させる可能性と能力を持つ、という理解の形成

〈加盟国〉

・現在、80ヶ国(内9ヶ国準加盟)

〈アジアの加盟国〉

・バングラデシュ・中国・インド・日本・韓国・マレーシア(準)・ネパール(準)・シンガポール(準)・スリランカ・タイ(準)・ベトナム・フィリッピン

※(準)は準加盟国