国際児童青少年舞台芸術フェスティバル2019 国内参加作品募集

国際児童青少年舞台芸術フェスティバル2019

~未知なる未来へ:様々な障がいと個性を持ったすべての子どもたちへ〜

TYA Japan Festival 2019
~To the Unknown Future: For All the Children with Different Abilities and Individualities~

国内参加作品募集について

2017年に始まった、児童青少年舞台芸術フェスティバル、またの名をTYA Japan Festival。2018年度(開催は2019年)からそれに「国際」という冠をつけ、日本中のそして世界中の未来に生きる子どもたちのための舞台芸術フェスティバルをこの日本で展開して行きます。

今回のテーマは「インクルーシブ・アーツ」。インクルーシブとは、「包括的な」「包み込む」という意味で、世界的にはすべての人が鑑賞可能な芸術のことを意味する言葉です。すべての人とは、つまり、障がいの有無、様々なセクシャリティー、文化、人種など分け隔てることがないということです。
日本の児童青少年舞台芸術の分野に於いて、これをテーマに掲げてフェスティバルを行うのは初めての試みです。今回は中でも「障がいと芸術」にスポットを当て、障がい者による、もしくは障がい児のための児童青少年舞台芸術作品を世界から、そして日本から集めます。
障がい者が演じる舞台芸術は、観客の中の障がい者を励まし、広く観客に感動を与えることでしょう。障がい者にもメッセージを伝えるべく工夫された作品は、これまで見捨てられてきた障がい者を新しい観客として迎えることに繋がるでしょう。障がいそのものをテーマにした作品があってもいいでしょう。障がいの種類も多岐にわたることでしょう。どのような作品であっても、観客の子どもたちに、障がいの有無で差別することがあってはいけないということを、実感させることになるでしょう。
障がいの有無を問わず、すべての子どもたちが鑑賞することができる舞台芸術フェスティバルの開催を目指します。

一人でも多くの様々な可能性を持った、そして個性を持った子どもたちに「舞台芸術」という夢が届きますように。

このフェスティバルに、下記の要領で国内からの参加作品を募集します。できるだけ多くの団体・作品に参加していただきたいと思いますが、応募多数となった場合は、TYA理事会において選考させていただきます。その際には、条件(会場や日程)に応じた個別の相談などもありますので、ご協力をよろしくお願いします。

主催:TYA Japan
共催:アシテジ日本センター/NPO法人 日本青少年音楽芸能協会/日本児童・青少年演劇劇団協同組合/公益社団法人 日本児童青少年演劇協会/全国児童・青少年演劇協議会/一般社団法人 全国専門人形劇団協議会

日程
2019年1月14日(月)~20日(日)

★会場条件
国立オリンピック記念青少年センター
小ホール 固定客席312席 舞台間口17m×奥行8.5m
リハーサル室 客席200席程度
中練習室 3室あります。 客席100席程度の予定
第1体育室 4面に区切って4作品を仕込む予定 客席120席程度の予定
第2体育室 ※乳幼児作品のみ 4面に区切って4作品を仕込む予定
※体育室は暗転はできません。
※基本的に楽屋はありません。また、前室など必要がある場合は、備考欄などにご記載く
ださい。

★入場料
500円~3000円
大人、子どもなどいくつかの券種を設定する予定

★応募資格
日本国内を主な活動拠点としている芸術団体・個人
0歳児から18歳までの鑑賞を主な対象とした作品
インクルーシブアーツをテーマとした舞台芸術作品であり、すでに実績のある作品・団体
1団体1作品まで
集客に責任の持てる団体
主催者の指定する会議などに必ず出席できる団体
上演時間は45分~75分程度

上演料 10~30万円程度で作品規模に応じて、ご相談させていただきます。

応募・問合せ先 メールでのみお願いします。
tyafesjapan2019@gmail.com
※※応募用紙など送付いたしますので、ご連絡ください。

応募締切 2018年6月18日

結果のお知らせ 2018年7月初旬

選考方法 選考委員会により選考

募集の際には、別途募集用紙をお使いください。
障害児等のために、事務局のアクセスコーディネーターが支援します

※また、同時にこのフェスティバルの運営に携わる制作チームへの参加も広く募集します。希望の方は、下記まで件名を「TYAフェス制作チーム募集」として、メールにてご連絡ください。
こちらもお待ちしております。
akira@tee.co.jp