2018年国際児童青少年演劇デー メッセージ

今年もやってまいりました。明日3月20日は国際児童青少年演劇デーです。世界中で様々なイベントが行われ、ここ日本では川崎市アートセンターで行われる人形劇団ひとみ座の公演後にふじたあさや氏がスピーチ、会長からのメッセージを読みあげます。

Tomorrow, March 20th is the World Day of Theatre for Children and Young People. In Japan, there will be a celebration event at the Kawasaki Arts Center after the performance of Puppet Theater Company Hitomi-za!!


2018
年国際児童青少年演劇デー

イヴェット・ハーディーからのメッセージ

子どもを劇場に連れて行こう!もしくは劇場を子どもに?

どちらも平等の重要性が与えられてますでしょうか?今年は二人の作家、一人はアメリカ、もう一人はシリアからのメッセージを頂きました。全く異なった現実を抱える二人からのメッセージです。

#子どもを劇場に連れて行こうというキャンペーンは、3月20日の国際児童青少年演劇デーを祝い、すべての子どもは彼らのために創られた芸術的体験を持つ権利があるという我々の信念を固く誓うため、2012年から始まりました。今年は、その逆もまた必要かつ重要であるという私の見解を展開させていただこうと思います。

劇場(特に子どものための作られた)に足を運ぶのが困難な状況に暮らす多くの子どもたちに思いを馳せる時、我々はアーティストとして、芸術は基本的人権であるという信念のもと、劇場もしくは演劇の在り方についての我々の視野を大きく広げる必要があります。勿論こうした見解は演劇の歴史に於いて新しいものではありませんが、フォーマル(形式的であること)とインフォーマル(その反対)の区別が未だに我々の価値体系の中に、また我々が児童青少年演劇を語るときの質に対する見解の中に深く浸透していると思います。

埃の舞う運動場、市民館、学校の教室、難民キャンプなどを変容させる簡素な魔法こそ、ときに最も必要とされています。それは単に子どもたちの日常的な環境に出会うという意味で、実践的かつ経済的だからということだけでなく、むしろまさにそれこそが魔法だからです。

演劇とは常に変身や変容です。日常のもしくは危機的状況の空間を、想像力を喚起させる場所、想定外の可能性を展開させる場所に変化させる演劇の潜在能力は、演劇特有のものです。それは子どもたちが力強い社会的変化を行動を通して体験するモーメントを提供するものです。つまり変化は可能なんだということを、こうした魔法は日常的なところからやってくるんだということを、そして喜びは最も恵まれない環境に於いても見出すことができるんだということを子どもたちは目の当たりにするのです。こうした奇跡を成し遂げることができる演劇の質というものは、技術や美術がしっかり仕込まれ、特別にデザインされた繭に旅に出かけて体験する不自由のない演劇の質に対して決して劣るものではないのです。

勿論、色々な力が注ぎ込まれた劇場空間特有の特別な体験を否定するのでは決してありません。しかし戦闘地域に於いて日常的に襲撃を体験する子どもたちにとって、隔離された田舎の村に住む子どもたちにとって、都会の中で貧困生活を送る子どもたちにとって、別の選択肢あって然るべきです。そしてこうした変化・変容が彼らの世界に対する体験に重要な違いを生み出すのです。

児童青少年のための演劇に於ける革新的な実践に目を向ける演劇実践者として、我々は、観客がどこにいようとも本物の変容体験である演劇をどうしたら彼らに届けることができるのか、またその体験を現実的なものにどうしたらできるのか真剣に自らに問わなければなりません。

2018年、子どもたちを劇場に連れて行くために、劇場を子どもたちのもとへ運ぶために一緒に活動をしてまいりましょう。

 

モハメッド・アル・ヤウンデからのメッセージ

演劇とは自分を表現する最も優れた方法の一つであり、人々に世界の何が良いことで何が悪いことかを示す鏡でもあります。舞台は誰しもが自分の世界を創造できる空間であり、夢が現実的になりうる空間でもあります。僕がかつて活動をともにした子どもたちは、自分たちで台本を書き、自分たちで演じることで、彼らなりの方法で過去をそして未来を我々に見せてくれました。また彼らは人々の感情に影響を与え、その子どもたちにとっての現実を追体験する機会を人々に与えました。なぜなら彼らは「演じた」のではなく、芸術を通して彼らの感情そして現実を見せたからです。

モハメッド・アル・ヤウンデ

シリア出身。17歳。2017年にキッズライツ基金より国際児童権利賞を受賞。

レバノンに避難し、難民キャンプに学校を立て, 12歳から子どもたちへの教育を行う。子どもたちから彼らの物語を紡ぎだし、それらの物語を語り部として広める活動を行なっている。

 

モ・ウィレムスからのメッセージ

 国際児童青少年演劇デーだって?本気かい?どうして「児童劇」を見に子どもを劇場に連れて行くんだい?

大の大人が集まって、君たちの愛する子どもたちを喜ばせようと、ふざけたり、大きな声で話したり、悲しんだり、おどけたりすることに真剣になって、しかも退屈なものを見るより、もっとするべきマシなことはないのかい?

つまりさ、誰が想像や物語の世界に連れ出されたいのさ?誰が登場人物や感情に新しい世界を見出したり、共感したりしたいのさ?君たちの人生において、魔法、ライブ・パフォーマンスの変幻自在な魔法が本当に必要なのかい?子どもの目を通して魔法を目にするなんて君たちにとって大切なのかい?言わせてもらうけど、君たちが愛する若者にとって未来への飛躍の出発点なるような思い出を作りたいのかい?

ちょっと待って。

それってめちゃ良いことじゃん。

席に体をもたれかけ、幕が開くとき、単なるショー以上のものを目にするんだと期待に胸を膨らませるとき、君にとって特別な存在である子どもと新しくてスペシャルなつながりを持てるんだぜ。

そうそう、きっと子どもも楽しんでるに違いないよ。

モ・ウィレムス

アメリカ人。児童文学作家、放送作家、劇作家、イラストレーター、元子ども。ガイゼル賞、カーネギー賞、エミー賞などを受賞。

PS: 国際児童青少年演劇デーは3月20日だけど、変化の魔法は限りなく続くよ。

 

(翻訳:大谷 賢治郎)

 

ASSITEJ film for World Day of Theatre for Children and Young People 2018

For 2018 the World Day video has been created in Uruguay by Alvaro Adib / la Casa del arbol

 

 

World Day of Theatre for Children and Young People 2018

Message from Yvette Hardie

Take a child to the theatre today! Or Take theatre to the child? Are they equally valid? This year we have two world day message writers – one from the USA and one from Syria – which represents these two points of view speaking from starkly different realities.

#Take a child to the theatre has been our rallying cry since 2012 as we celebrate the World Day of Theatre for Children and Young People every 20th March and reaffirm our commitment to every child’s right to artistic experiences created especially for them. This year I would like to argue that it’s reverse is often more justified and equally as important.

When we consider the millions of children who do not live within the easy reach of a theatre building (especially one designed for them and their needs), we must as artists expand our notions of what theatre can be if we truly believe in the arts as a basic human right. Of course this idea is not new in the history of theatre, but somehow the distinctions of formal vs. informal still seems to pervade our value systems and our notions of quality when we talk about theatre for young audiences.

The rough magic that can transform a dusty playground, or a township hall, a school classroom, or a refugee compound, is often what is most needed – not just because it is more practical and economical to meet children in their everyday circumstances, but also, more profoundly, because it IS magic.

Theatre is always about transformation. Its capacity to transform a space of ordinariness and even crisis, into a place where the imagination is activated and unexpected possibilities unfold, is unique. It offers a moment in which children can experience powerful social change in action. Here they can see that change is possible. That magic can come from the mundane. That joy can be found even in the most deprived of spaces. The quality of a theatre experience that achieves this miracle is not less than one which allows us to take flight in a specially designed cocoon, with technology and design fully at our disposal.

Of course, we do not for a moment deny the special experience that is so particular to the dedicated theatre space. But for children experiencing the daily assault of life in a warzone, for children living in far-flung rural villages, for children living in inner-city poverty, there have to be other options. And this kind of transformation can make a profound difference to their experience of the world.

As theatre practitioners focused on innovative practice in theatre for young audiences, we all need to ask how theatre can bring about truly transformational experiences –wherever it can find an audience – and to make these a reality.

So let us work together to Take a Child to the Theatre… And Take Theatre to the Child in 2018.

 

Message form Mohamad al Jounde

Theater is still one of the best ways to express yourself and a mirror to show people what’s good and wrong in our world, the stage is a space where you can create your own world, where you can feel your dreams coming to life. The kids i used to work with were able to show us their past and the future they wanted by the play they wrote and acted and they were able to influence people’s emotions and give them the chance to live what was real for those kids, because they never acted, they were showing their feelings and their reality in a touch of art.

Mohamad Al Jounde, from Syria, won the 2017 International Children’s Right Prize, from the kidsrights foundation. He is 17 years old.

 

Message from Mo Willems

“World day of theater for young audiences? Really?

Why would you, of all people, take a kid to see “children’s theater”?

Don’t you have better things to do than watch a bunch of adults, who are usually so serious and dull, being silly or loud or sad or ridiculous just to amaze a kid you love? I mean, who wants to be transported into a world of imagination and story? Who wants to experience characters and emotions that are both otherworldly and completely relatable? Do you really need the magic, the transformative magic of a live performance, in your life? Is seeing that magic through a child’s eyes right for you? Let’s get real here: do you like creating memories that will be the springboard for future play in a young person you love?

Wait.

That sounds amazing.

When you’re snuggled in your seats and the curtain rises, know that you’ll see more than just a show; you will experience a new, special connection with a child who is special to you.

Oh, and that kid will probably have fun, too. »

Mo Willems

Author, illustrator, playwright, former child.

His works in children’s books, tv, theater, and bubble gum card painting have garnered 3 Caldecott honors, 2 Geisel medals, 5 Geisel honors, 3 Carnegie medals, 6 Emmys, and multiple bubble gum cards.

 

Ps: world day of theater for young audiences is march 20, 2018.

But, the transformative magic of theater has been extended indefinitely.