2016国際児童青少年舞台芸術デー メッセージ#2 ジェニー・シーリー 

12472532_1328636010495221_7064141252213068580_n

イギリスでインクルーシブ演劇を実践するグリー・シアター・カンパニー芸術監督で、2012年ロンドンパラリンピックを共同演出した、ジェニー・シーリーさんからのメッセージです。

—————————————————————————–

私は演劇そして芸術のない世界を想像することはできません。耳の聞こえない少女だった私にとってバレエ教室は安全な場所でした。そこは視覚的にわかる世界であり、見ることで参加出来る世界であり、話し手の唇の動きを読まなくて良いということ、それは私にとって解放を意味しました。私はバレエレッスンに夢中になり、物語を紡ぐこと、演じることを心より楽しみました。物語を伝えるという最初の経験をバレエによって行って以来、私は年を重ねるごとに演劇、特に青少年演劇に傾倒していくようになりました。青少年演劇は、俳優にとっては最高のトレーニングの場であり、また児童・青少年と創造空間を分かち合い、彼らの人生の物語に耳を傾け、彼らから聞こえてくる人生の経験、試練、困難が作品になって共有されるという機会が与えられる場であります。

この原稿を書いている今、私は18年前に劇団インタープレイでジョン・パーマーと共同演出をした、マイク・ケニーの作品、ステッピング・ストーンズを演出しております。この作品は、深刻かつ様々な障がいを持った青少年、聾啞や視覚障害を持った青少年、障がいを持たない青少年のために上演されたものでした。(現在、グリーでは20−22歳の聴覚障害などを持った障がい者による新しいキャストで作品を作っています。)手話、音声ガイド、音響などの環境づくりに重点を置いての作品創造の喜びは、全ての若者に演劇を見る平等の機会が与えられるという信念によるものです。

児童青少年のための、児童青少年とともに行う、もしくは児童青少年による創造活動の重要性がきちんと理解されていない、また経済的援助も不十分な現状に対し、私の苛立ちは日々増すばかりです。多くの国に於いて、多くの障がい児の教育が軽視されているのを目にするたび、私は心を痛めますが、一方で、世界中に足を運び、情熱を持って児童青少年・障がい児のための創造活動や教育を実践する人々と出会うたびに、演劇のない世界はありえない、そして演劇は人生の教育であることを確信するのです。

国連が障がい者の権利のための大会を実施してから10年目に当たる2016年、演劇を必要とする人々のために、演劇を実践する全ての人々が、人生にとってかけがいのない演劇を作り、創り、かつ分かち合える社会共同体を持ち、この地球上で手を繋ぎ、情熱を注ぎ、ともに活動していく絶好の好機なのではないでしょうか。

 

2016 World Day Message from Jenny Sealey

Artistic Director, Graeae Theatre Company, Co-director of the 2012 London Paralympics.

I simply cannot imagine a world without theatre or the arts. As a young Deaf girl, ballet classes became a safe place to be me. It was a visual world and one where I participated through watching and the relief of not having to lip read was liberating. I would get lost in the exercises and so loved the creating of ballet stories and performing. Ballet was my first experience of storytelling and as I got older I got involved in theatre and most importantly Young People’s Theatre. What an extraordinary training ground for any actor and what an opportunity to share creative space with children and young people listening to the stories of their lives and making them into plays to give their experiences, trials and tribulations of life a platform to be heard.

At the time of writing I am directing Stepping Stones by Mike Kenny which I co-directed with Jon Palmer for Interplay 18 years ago. The production was ( as is the new one with Graeae’s new Ensemble cast of all Deaf and disabled performers, aged between 20-22 year old) for young people with profound and multiple disabilities, for young Deaf and blind, disabled and non- disabled people. The joy of working thinking about creative access with sign language, audio description, sound and atmosphere is cemented in the belief that ALL young people should have full and equal access to theatre.

I get increasingly frustrated that the importance of creating work for and with and by young people is still not fully recognised and funded. It breaks my heart knowing that many disabled children are not deemed worthy of an education in many many countries, BUT my travels around the world are a reminder that the passion of those of you who drive this work means that we will not have a world without theatre and that theatre is an education to a life.

As 2016 marks the 10th year since the Convention on the Rights of Disabled People was adopted at the United Nations, it is a great opportunity to hold hands across the globe to continually fuel that passion and to work as a community to ensure we are able to make, create and share theatre that matters, by and for those who matter.