2016国際児童青少年舞台芸術デー イヴェット・ハーディー世界理事会長メッセージ 

12805902_1328637873828368_4072078652104402743_n

今年もやってきました。3月20日、国際児童青少年舞台芸術デー。

まずは世界理事会長のイヴェットのメッセージです。

(English text follows after Japanese)

——————————————————————————————–

「#子どもを劇場に連れて行こう」キャンペーンを始めて5年が経った今、世界中で3月20日に国際児童青少年舞台芸術デーを祝う催しが行われています。このキャンペーンはアシテジ会員の活動を支援するものであり、またなぜ児童青少年にとって演劇が必要なのかを提起するメッセージ、スピーチ、著述を働きかけるものとなりました。

その働きかけから見えてくるもの、それは:文化市民としての子どもの人権、多様な知性を育むための総体的な教育としての演劇、子どもの持つ好奇心・想像力・喜びの心を育むことの重要性、時に混乱し絶望的な世界で子どもが希望を持つ必要性、美的感覚や芸術的言語の多様性を受け止める感受性、共同体・つながり・共感の必要性、演劇の今日性と我々が実体験する世界と向き合い、その世界に対し疑問を投げかけることのできる演劇の可能性、そして多様な見解を受け入れる能力などです。

その一方で、ここに記載されたこと以外に、なぜ芸術家は児童青少年という観客のために作品を作るのかという、根本的な理由が他にあるのではないだろうかと私は思うのです。

その理由とは、きっともっと個人的なことに起因するのではないでしょうか。私たちが児童青少年のための作品を作るのは、私たちの中にある子どもの部分を育み、癒し、そして強くさせることができるからだと思うのです。

南アフリカの非白人居住地域の青少年グループが幼児のための演劇作品を作り始めた際、彼らは自分たちの中にある無邪気さ、未熟さ、脆さ、潜在的にある他者との一体感を育み、再発見し、場合によっては生まれて初めて発見することが作品づくりには求められるのだということを学びました。その結果、彼ら若いアーティスト自身にとって作品作りは重要な癒しのプロセスとなり、この分野で活動を続けていくことの大きなきっかけとなりました。

この極めて個人的な理由があるからこそ、他者に影響を与えうるのではないでしょうか。他者との一体感を自分自身が大切にすることで、我々は観客とさらに一体感のある関係性を築けることができるのです。また、親に、子どもに、家族に、教師に、介護者に、そしてその責任者に、私たちの中にある最も幼い視線を通して世界を見る機会を与えることができるのです。

劇場から去る時に私は親がよくこんなことを言っているのを耳にします、「うちの子があんなに長い間じっと座っていられるなんて信じられないわ」「うちの子があんなにユーモアを理解できるだなんて」など。・・・これら子どもの本来の姿を知ったその時こそ、演劇人は、根本的に重要な他者との関わりに於いてさらなる一体感に貢献できるのではないでしょうか。

おそらく児童青少年演劇が芸術家である、観客である、親である、教師であるもしくは子どもである我々に提供することのできる最大のギフトは、破壊の中にさえ一体感を見出し、そして本来我々は何者であるかということを再発見することなのではないでしょうか。

 

It is five years since we started the #Takeachildtothetheatretoday campaign, which is celebrated in many places around the globe on and around the World Day of Theatre for Children and Young People, 20th March. This campaign has offered ASSITEJ members a strong space for advocacy, and with the campaign has come many compelling reasons, contained in messages, speeches and articles, arguing for why children and young people should be exposed to theatre.

These reasons include: the rights of children as cultural citizens; the fact that theatre educates holistically though fostering multiple intelligences; the importance of cultivating curiosity, imagination and joy in children; the need for children to have hope in an often confusing and desperate world; the importance of aesthetic awareness and a capacity to embrace the diverse languages of the arts; the need for community, connection and empathy; the present-now-ness of theatre and its capacity to allow us to confront and question the world as we experience it; the urgency of embracing a diversity of views…

But I wonder if there isn’t another, more fundamental, reason why artists make work for young audiences, that goes beyond these stated intentions.

This reason may be far more deeply personal. In making work for children and young people, we are able to nurture, to heal and to strengthen the inner child in ourselves.

When a group of South African township-based youth started to work on a play for very young children, they discovered that making the work required that they nurture, rediscover, or in some cases, discover for the very first time…the innocence, the tenderness, the vulnerability, and potential wholeness within themselves. This began a profound healing process for these young artists which deeply affected them and which has motivated them to continue exploring in the field.

From this deep personal need, we then in turn are able to influence others. By nurturing ourselves into greater wholeness, we are able to enter into a more whole relationship with our audience. We are also able to offer parents and children, families, teachers, care-givers and their charges, opportunities to see the world through the eyes of the youngest amongst us.

So often I have heard some variation as I leave the theatre of a parent saying, “I couldn’t believe that my child could sit still for so long”, or “that my child found so much humour in that play”… in these moments of discovering who that child really is, theatre artists may in turn be contributing to greater wholeness in these fundamentally important relationships.

Perhaps the greatest gift that theatre for children and young people can give us – whether we are an artist, audience member, parent, teacher or child – is the gift of finding wholeness in brokenness, and rediscovering who we were always meant to be.