「これまでの50年、これからの50年」アシテジ50周年祝辞:イヴェット・ハーディ会長、ベルリンにて So where is ASSITEJ heading in our next half-century?

アシテジ50周年祝辞  

イヴェット・ハーディー アシテジ世界理事会長

yvette-jubilee

 Welcome ようこそ

 Welcome to the 50th Anniversary of ASSITEJ, the international association of theatre for children and young people. This association, born in the Cold War, strongly advocates for every child’s birth-right to access to the arts and to theatre in particular. It believes in the transformative power of the theatre in the lives of children and young people to present new possibilities and new ways of thinking, ways of feeling and ways of being in the world. It strives to bring people together across borders and cultural differences through the power of the theatre, and has grown today into a truly global and inclusive organisation.

アシテジ国際児童青少年舞台芸術協会50周年祝典にようこそ。冷戦の時代に生まれたこの協会は、芸術、特に演劇に触れることの出来る、すべての子どもが生まれ持った権利を強く主張しています。この協会は新しい可能性、新しい考え方、感じ方、そしてこの世界での在り方を子どもや若者の生活の中に提供する、演劇の変化の力を信じています。この協会は、演劇の力を通して国境や文化の壁を越えて人々が繋がるための努力をし、また真のグローバルかつインクルーシブな組織に成長しました。

In this period of leadership for the first time, our registration and legal centre sits in Italy, our ASSITEJ office sits in Mexico and our President is in South Africa. Due to our changed membership structures we can now say that we have members in more than a hundred countries through 76 national centres, 5 artistic networks and through individual memberships…

今日の体制にして初めて、我々はイタリアで法人化を実施し、メキシコにアシテジの事務局を置き、そして、南アフリカに会長が存在します。会員システムの変更により、現在76カ国のナショナルセンター、5つのネットワーク、そして個人会員とで100カ国以上からの会員を擁します。

 The growth and development of the association over this half century has been due to the nurturing and hard work of countless individuals who worked voluntarily, long hours and in many cases long years, to realise the dreams of its members. This event today celebrates them and their contributions to the unfolding story, which is ASSITEJ. Each of you sitting in this audience today have been a crucial part of that story and are part of the ASSITEJ family – a family that definitely does not practice birth control since we are always growing! Your contribution has been tremendous. Thank you for being with us today to celebrate what ASSITEJ has become through your energy, your efforts and your support.

この半世紀に於けるこの協会の成長と発展は、長い時間と場合によっては長い年月をかけて、会員たちが自分たちの夢を実現させようと、自発的に働く数えきれない個人による指導と努力によるもので他なりません。本日の祝典は彼らと彼らが貢献することにより紡いだアシテジという物語を祝すものです。本日この客席に在席する皆様一人一人が、その物語に不可欠な役割であり、常に成長を続ける、産児制限を全くしない家族、アシテジ家族の一員なのです!皆様の貢献は実に計り知れません。皆様のエネルギー、努力、そして支えによって築き上げられてきたアシテジの今を私たちと共に本日祝ってくださる皆様に感謝致します。

We welcome you all here for this very special occasion.

私たちはここにいる皆様をこのとても特別な祝典に歓迎致します。

 So where we are heading in our next half-century?

50 is a significant age. It is old enough to have engaged with tremendous changes, shifts and developments, and it is young enough to hold its own history in living memory.

さて、次の50年で私たちはどこに向かおうとしているのでしょうか。

50というのは重要な年齢です。数えきれない変化や転換、そして発展を遂げるほど老いており、また生きた記憶として自身の歴史を振り返ることができるほど若くもあります。

We have been talking of one of the hallmarks of ASSITEJ today being its inclusivity – something which has been hard won and has been developed over the past decade at least as a trend. However, we cannot be complacent about inclusivity… We have not “arrived”. We need to keep working at an inclusivity which embraces different cultures, languages, positions, priorities and approaches to making work for young audiences, and which recognises cultural contexts and diversity of all sorts. This has become ever more urgent in the world as we see growing intolerance, bigotry, polarisation, the effects of cultural imperialism and at time the violent reactions this induces.

私たちの特質として今日語られることの一つに包括性があります。これは成就が難しく、またここ十年、一つの方向性として取り組んできたことでもありますが、決して自己満足に陥ってはなりません… 我々は未だその目標に「到達」しているようには思えないからです。私たちは今後も、若者の観客のための作品づくりに於いて、異なった文化、言語、立場、優先順位、アプローチの包括、また文化的背景とあらゆる意味での多様性の包括に向け努力し続けなければなりません。それは、増大する偏狭、偏見による憎悪、分裂、文化的帝国主義の影響のあるこの世界、また誘発される暴力的な反応のこの時代に於いて、急務でもあります。

Children and young people need to feel that they are welcome in the world, wherever they come from, whatever language they may speak, whatever their abilities or interests. Theatre as a live communication happening in this present time and space – with the capacity to recognise them, validate them, challenge them, move them and celebrate them has become more vitally needed than ever before … Theatre needs to reflect the multiple realities that are children and young people are faced with, while also allowing a space in which their imaginations can take flight and they can feel the power of making the invisible visible. Theatre needs to be diverse to suit these very diverse needs and contexts.

子どもや若者は、彼らがどこの出身であれ、どんな言語を話すのであれ、どんな能力や興味を持っているのであれ、この世界に歓迎されていると感じられなければなりません。彼らに気づき、彼らの価値を認め、彼らと向き合い、彼らを感動させ、彼らを祝福する、その瞬間と空間のみに起きる生のコミュニケーションとしての演劇は、これまで以上に致命的なまでに必要とされています…。演劇は、子どもや若者が向き合わねばならない多角的な現実を反映させる一方、彼らの想像力がその羽を広げることが出来、目に見えないものが見える力を感じることが出来る時空間を提供しなければなりません。演劇はこれらの多様な需要と背景に見合うよう多様でなければなりません。

One of the ways that ASSITEJ has been able to create more diversity and inclusivity within the organisation is through the networks. This is very much a 21st century phenomenon of ASSITEJ. We see these networks as being of vital importance to the growth of the organisation into the future, as it is through these networks – ITYARN, Write Local Play Global, IIAN, Small Size and Next Generation – that important ideas about theatre for young audiences are disseminated widely and often in unexpected ways and directions. The nature of networks is a greater looseness and inclusivity which allows for more random connections to be made, something which allows ideas to literally jump from one continent to another and take seed there. We have seen how ideas related to theatre for the very young have managed to spread very rapidly across Europe and now across the world through the efforts of the Small Size network. We see new networks developing which may in time become members of ASSITEJ and which allow their members an intense inter-cultural dialogue around the focus points that attract them to the network in the first place.

アシテジが更なる多様性ならびに包括性を組織的に創造することを可能にした要因にネットワークの確立があります。これは極めてアシテジの21世紀的現象と言って良いでしょう。私たちはこれらのネットワークがこの組織が未来に向け成長するための極めて重要な要素だと思っています。何故なら、児童青少年演劇にとっての重要なアイデアが幅広く、ときに予想外の方法や方向で、これらのネットワーク:ITYARN(イットヤーンもしくはアイティーヤーン:国際児童青少年演劇研究ネットワーク)、Write Local Play Global (ライト・ローカル・プレイ・グローバル:国際児童青少年演劇戯曲ネットワーク)、IIAN(イーアン:国際包括的芸術ネットワーク)、Small Size(スモール・サイズ:乳幼児のための国際舞台芸術ネットワーク)、Next Generation(ネクスト・ジェネレーション:児童青少年演劇のための次世代芸術家の国際ネットワーク)を通して普及されるからです。ネットワークの本質は、無作為な関係性が築かれる多大な柔軟性と包括性であり、一つの大陸から別の大陸へアイデアが正に飛躍し、新しい種を蒔くことを可能にするというものです。私たちはSmall Sizeネットワークの尽力を通して、ヨーロッパそして世界にて乳幼児のための演劇に関するアイデアがどのようにして急速に広がって行くのかを目にしました。そして今、同じ関心を分かち合い、それについて文化を越えての対話が積極的に行なわれる新しいネットワークが数々発展し、いずれアシテジの会員になる可能性があるものもあります。

As we become more global and inclusive, so we also become more aware of all those who may be currently geographically, culturally, linguistically, or economically marginalised, and for whom access to the arts is not a certainty. I believe that if ASSITEJ is to be true to its conviction that all children and young people have a right to the arts, we need to work harder to bring people into the association and to find ways for artists to also become advocates and activists for the rights of children to this access. It is only through multiplying our voices and demonstrating the value of what we are saying through work of the highest quality in every country, that we are likely to make a significant impact. I hope that in 50 years time we will find that there is no country which is not represented in some way in ASSITEJ and which is not engaged in the work of theatre for young audiences. The international exchange and dialogue that ASSITEJ allows is not about a travel club for the lucky few- rather it should result in the nurturing of theatre on local soils, in local contexts.

私たちが更にグローバルになりインクルーシブになるにつれ、現在地理的に、文化的に、言語学的に、もしくは経済的に置き去りにされている人々がいること、そして芸術に触れる機会が少ない人々がいるということも忘れてはなりません。もしアシテジが、すべての子どもたちや若者に芸術に触れる権利があるという信念を確かなものにするのであれば、私たちはこの協会に更に多くの人が参加出来るようにしなければなりませんし、アーティストが子どもたちの芸術にアクセスする権利を主張し、そのための活動家になる道筋を提供しなければなりません。それらを可能にする唯一の方法は、私たちの声を増幅させることであり、各国で最高の質を持った作品を通して私たちが伝えたいことの価値を証明し、多大なインパクトを与えることであります。今から50年後、すべての国が何らかの形でアシテジに関わり、児童青少年のための演劇活動を行っていることを私は望みます。アシテジが可能にする国際的な交流や対話が、単にラッキーな人達だけの旅行クラブに終わってはいけません。むしろ、各地域の土地で、その土地の状況を反映した演劇の育成を促すものであるべきです。

In the world of theatre for young audiences we are constantly challenged by our audience to stay present, in the now, and not to rely on our ever more unreliable memories of our own childhoods in order to determine how to work successfully. I believe that if we vigilantly study, meet, confront and listen to our audience they will tell us where we need to go, and perhaps even how to get there.

児童青少年演劇の世界では、私たちは作品づくりを成功させる手段として、私たちの子供時代の頼りない記憶に頼るのではなく、常に今ここに存在する観客と向き合わねばなりません。もし私たちが注意深く私たちの観客を研究し、彼らと出会い、向き合い、そして彼らに耳を傾けることが出来れば、彼らもまた私たちにどこに向かうべきか、そしておそらくどうやって向かうべきか教えてくれるだろうと私は信じています。

One thing that you can always be sure about with the future is that it will not be what you expect. Change is the only certainty, they say. We cannot know what the next 50 years hold for ASSITEJ, but I think that if this association is to follow the principles of design that nature teaches us, we will perhaps have better models for survival, adaptation and flourishing… Strength in nature is not about rigidity, but about flexibility. Trees break open concrete; water weathers rock. Within all natural things is an intrinsic energy, a desire for fulfilment, a reaching towards the natural imperative, whether it is plants reaching for the sunlight or water responding to gravity to find the sea – I believe that it is this intrinsic energy that we need to be fostering within ASSITEJ. The structures we create need to foster and hold this energy, and can suggest a sense of direction. What can this sense of direction be, when the future is so uncertain? In my view it is our audience, the crucial point that distinguishes our network from any other. We need to reach towards, listen to, embrace and explore with our audience in order to find the true potential in the expressive medium of live performance.

未来について言える確かなことは、予想通りに行かないということです。変化するということだけが、確かなことであると人は言うでしょう。これからの50年がアシテジにどんな変化をもたらすか計り知れませんが、もしこの協会が、自然が私たちに教えてくれる生命の目的の原理に従えば、私たちはきっと、生存、順応、そして繁栄のためのより良い鑑を持つことができるでしょう。自然の持つ力は「固定」ではなく「柔軟性」です。木はコンクリートを突き破ってでも生え、水は岩を切り裂きます。自然の中にあるすべてのものに、満たされようとする欲望や自然と必要なものに届こうとする本質的な力が備わっています。太陽の光に向かおうとする植物や、海を見つけようと引力に呼応する水がそうであるように。私は、この本質的な力こそアシテジが育むべきものであると信じています。私たちが創造する組織は、この力を育み、維持し、向かうべき方向性を見極めるべきです。では、未来が不確かなものである中、この向かうべき方向性とは一体何でしょうか。私の観点からすれば、それは他のネットワークと私たちとをはっきり区別する決定的な点でもある、私たちの「観客」だと思います。ライブ・パフォーマンスといった表現媒体の持つ本質的な潜在能力を見出すために、私たちは観客に手を差し出し、耳を傾け、彼らを抱擁し、そして彼らと共に未知の世界を切り開いて行かなければなりません。

ASSITEJ has selected the theme “One step beyond” for this three year term of office. We are looking at aspects of what ASSITEJ has achieved and asking ourselves how do we take these one step beyond where they have been in the last 50 years. This year, here at Augenblik Mal! we ask this question with relation to intergenerational exchange, next year it will be inter-disciplinary exchange and in 2017, when the first ASSITEJ Congress will be hosted on the African continent, we will consider inter-cultural exchange.

 

アシテジは今期3年間の体制のテーマを「ワン・ステップ・ビヨンド(一歩向こうへ)」と決めました。アシテジがこれまでに成し遂げてきたことに目を向けると同時に、これまでの50年に歩んできた道のりのその一歩向こうへどう進んで行くか、私たちは自分たちに問いていきます。今年、このAugenblik Mal!(オーゲンブリック・マル!=訳注:「注目!」という意味に近い)に於いて、世代間交流を、来年は異分野交流を、そして2017年、アフリカ大陸で行なわれる初めてのアシテジ世界大会に於いて、異文化交流をテーマにこの質問を投げかけます。

Nelson Mandela said that “The purpose of freedom is to create it for others.” I believe that ASSITEJ has created a space of freedom for exchange, dialogue, creativity and renewal. It is our purpose to create that freedom for others – in our artistic communities, in our national networks, in our audiences. So let us take ourselves into the future – one step beyond where we have been. Let us take our first steps into that future with a sense of authenticity, with a sense of direction – together.

ネルソン・マンデラは言いました、「自由の目的は、他者のためにそれを創造することにある」と。アシテジは交流、対話、創造、そして再生のための自由の空間を創造してきたと私は信じています。その他者のための自由を創造すること、それこそが私たちの目的ではないでしょうか。それは私たちの芸術コミュニティー、国内のネットワーク、そして観客の輪の中に創造されるべきものです。だからこそ、これまで私たちが歩んできた更にその向こう側へ未来に向けての新しい一歩を踏み出しましょう。真実に、そして進むべく方向性と共に、一緒に未来への最初の一歩を踏み出しましょう。