アジア国際児童青少年舞台芸術フェスティバル2018年2月の開催に向けて Asia TYA Fesitval 2018 in Japan is coming soon!!

アジア国際児童青少年舞台芸術フェスティバル2018年2月の開催に向けて Asia TYA Fesitval 2018 in Japan is coming soon!!

(English text follows after Japanese)

アシテジ日本センターも共催する、TYA Japan 主催「アジア国際児童青少年舞台芸術フェスティバル2018」の2018年2月の開催に向けて、着々と準備が行われています。

上記は「童(わらべ)」と言う漢字をモチーフにしたフェスティバルのロゴです。
これから色々なところで目にすることでしょう。

さて、フェスティバルではアジアから11作品、国内からは児童青少年のための作品が32作品、そして乳幼児のためのベイビードラマ作品が小作品も含め24作品、上演されます。

詳細はまもなく開設されるホームページで発表されます。
乞うご期待!

「アジア国際児童青少年舞台芸術フェスティバル JAPAN 2018」

主催:TYA Japan/各公演地実行委員会

共催:アシテジ日本センター/NPO法人 日本青少年音楽芸能協会/児童・青少年演劇劇団協同組合/社団法人 日本児童演劇協会/全国児童・青少年演劇協議会/全国専門人形劇団協議会

期間/場所
2018年2月16日(金)~18日(日) 名古屋・神戸・豊岡・鹿児島
2月19日(月)〜25日(日) 東京・国立オリンピック記念青少年センター

“ASIA TYA FESTIVAL 2018”
February 16, Fri – 18, Sun at Nagoya, Kobe, Toyooka, and Kagoshima
February 19, Mon – 25, Sun at Tokyo

We are now preparing “Asia TYA Festival 2018” held in February, 2018.

What you see above is our logo for the festival, deformed from Kanji (Japanese Character) meaning “child”.

We are inviting 11 productions from Asian countries and we will have about 50 domestic productions for babies, children, and young people.

We will launch the special website for the festival where all the detailed information will be updated very soon!!

 

 

2020年アシテジ世界大会は東京で開催 ASSITEJ World Congress will be in Tokyo in 2020!

2020年アシテジ世界大会は東京で開催 ASSITEJ World Congress will be in Tokyo in 2020!

今年5月、南アフリカ・ケープタウンにて行われたアシテジ世界大会。そこで3年後の世界大会開催に立候補した、日本・東京。ほぼ満票で選ばれました!

それまでに2018年2月にアジアTYAフェスティバル、2018年冬、そして2019年夏に国際TYAフェスを行い、2020年の世界大会へと向かって行きます。

In May of 2020, ASSITEJ World Congress will be held in Tokyo, Japan!!
Here is its promotion video presented at the World Congress in Cape Town, South Africa.

Until then, we will have International TYA Festivals, starting with Asia TYA Fes in February, 2018, followed by two festivals in Winter 2018 and in Summer 2019.
We will soon update the further information about Asia TYA Festival 2018!!

 

assitej2020promotion from Kenjiro Otani on Vimeo.

ネクストジェネレーション・アジア:3年目の集大成 Next Generation Asia Final!!

ネクストジェネレーション・アジア:3年目の集大成  Next Generation Asia Final!!

(English text follows after Japanese)

ついに2018年2月に日本で行われる、アジア国際児童青少年演劇フェスティバルでの上演を目前にした、国際共同創造プロジェクト、ネクスト・ジェネレーション in Asia。その集大成に当たる、3年目のリハーサル・ワークショップが2018年2月に行われます。3カ年計画のため、基本的には昨年からの参加者が継続的に参加するものですが、なんと!欠員が数名出ましたので、追加募集いたします。以下詳細:

ネクストジェネレーション・イン・アジア
児童青少年演劇次世代計画プログラム

国際共同創造活動ならびに芸術交流に関心のある、児童青少年演劇の未来を担うアジアの演劇人を募り、東京にて8日間のワークショップを通して作品づくりを行ないます。

ネクストジェネレーションとは?

アシテジ国際児童青少年舞台芸術協会が、若いアーティストにもその活動を知ってもらおうと、2008年にオーストラリア・アデレードで始まった国際共同創造/芸術交流プログラム。2012年からは毎年行なわれるアシテジ芸術集会や国際フェスティバルにて約30名の参加者を世界中から募り(2012年・沖縄、2013年・リンツ, 2014年・デリー、ワルシャワ、2015年・ベルリン)、約1週間の期間、各自の文化的背景と共に児童青少年演劇に於ける関心、経験、創造過程を分かち合い、作品発表やマニフェストを掲げることで最終報告を行い、児童青少年演劇のための国際的ネットワークの構築を目指す。それにより、各国の児童青少年演劇の質の向上、並びに国際共同創造活動の発展を促すことを目標としている。

募集対象:

どのような形であれ、児童青少年のための舞台芸術を実践する、英語でコミュニケーションが可能な40歳以下の方。

具体的には:国際共同創造に関心のある、演出家、俳優、劇作家、教師、音楽家、ダンサー、もしくは他分野の舞台芸術家。

全日程(校外学習:エクスカーションを含む)に参加いただき、プレゼンテーションまで参加できること。

募集方法:Eメールにて以下内容を英語にてお送りください。

—履歴書(名前、住所、性別、Eメールアドレス、活動履歴、写真を含む)

—自己紹介ならびに今回の応募動機を書いた文書(A4版1枚)

Eメール: nextgeneration@assitej-japan.jp

締切:2017年11月10日(金)

募集人員:日本から若干名

使用言語:英語

稽古場所:芸能花伝舎・オリンピックセンター

公演場所:名古屋・豊岡・鹿児島・東京

日程:2018年1月31日(水)〜2月27日(火)

2018年1月31日東京集合
2月1日~15日 クリエーションワークショップ
2月16~18日 3か所に分かれて公演(※3か所=名古屋・豊岡・鹿児島)
2月19日~25日 アジアフェスin東京 25日公演
※フェス会期中は様々な行事のお手伝いなどしていただきます。
2月26日 まとめ会
2月27日 海外参加者帰国

参加費:無料

交通費:参加者実費負担(稽古場・エクスカーション 全て)

食事代:ご自身でご用意ください。

出演料:国内からの参加者 4~6万円程度

日程:時間などの詳細は未定

 

 

We are looking for young emerging theatre practitioners in Asia who’d like to collaborate and make artistic exchanges internationally in order to create a theatre work for children and young audiences in 3 weeks in Tokyo, Japan.

This is a 3-year-program aiming at Asia Festival 2018; therefore, those who have participated in the program in 2015 and 2016 will have a priority for participation.

What is the Next Generation Programme?

It is a programme created in 2008 in order to ease the access of young artists to ASSITEJ, International Association of Theatre for Children and Young Audiences. Since then up-and-coming artists from all over the world have been gathering at the annual meeting of the international association. The programme offers them a platform in which to exchange their experiences in the context of their own cultural background. Using this as a starting point the participants can then develop new ideas and visions for theatre for young audiences and their own work. Such encounters often result in international friendships and artistic cooperation. A network of people working in theatre has thus arisen from former and present grant holders, that actively influences the work of ASSITEJ and theatre for young audiences all over the world.

Who can apply?

Those who practice performing arts for children young audiences in any way in Asia under age 40 and who must be able to communicate in English, particularly to name: director, actor, playwright, teacher, musician, dancer, and performing artists of any genre who are willing to perform.

Is there any participation fee?

The participation fee is free.

JIENKYO (Japan Union of Theatrical Companies for Children and Young People) and ASSITEJ Japan will provide you accommodations, and local transportations between the airport and the venue.

You need to be able to cover your airfares, meals, other expenses.

The accommodation provided this year will be a shared-house.

The most importantly we will pay you a performance fee of 80,000 yen to 100,000 yen. (The exact amount should to be announced soon.)

Which countries or territories are eligible?

Afghanistan, Australia, Bahrain, Bangladesh, Bhutan, Brunei, Burma, Cambodia, China, Fiji, Hong Kong, India, Indonesia, Iran, Iraq, Israel, Japan, Jordan, Kazakhstan, North Korea, South Korea, Kuwait, Kyrgyzstan, Laos, Lebanon, Malaysia, Maldives, Mongolia, Nepal, New Zealand, Oman Pakistan, Papua New Guinea, Philippines, Qatar, Samoa, Saudi Arabia, Singapore, Solomon Islands, Sri Lanka, Syria, Taiwan, Tajikistan, Thailand, Timor-Leste, Tonga, Turkmenistan, United Arab Emirates, Uzbekistan, Vanuatu, Vietnam, Yemen

How to apply:

Please send followings via e-mail:

-Your short CV including your name, address, gender, e-mail address, activities, and headshot.

-A short letter to introduce yourself and to state your motivation for this programme (One sheet of A4)

Provisional Schedule:

Jan 31, 2018 Arrival in Tokyo

Feb 1-15 Rehearsals

Feb 16-18 Small Performances in 3 different cities (The group will be divided in 3 groups and each of them visits at one of the cities, Nagoya, Toyooka, or Kagoshima to give a small performance and possibly a workshop)

Feb 19-25 Participating in the Festival in Tokyo and more rehearsals

Feb 25 Performance

Feb 26 Summary Session

Feb 27 Departure from Japan

 

Email address: nextgeneration@assitej-japan.jp

Deadline: November 10th, Friday, 2016

Number of participants: 20 from countries listed above / 10 from Japan (Please note : Those who have participated in the program have priority in the application)

Language used at the programme: English

Place: Tokyo Olympic Center and Geinoukadensha

Dates: January 31st, Wed – February 27th , Tue, 2018